検索
  • ハイフィールド税理士法人大崎事務所

「ペーパーレス化」&「クラウド化」から始める業務改善

どんな業種・職種においても、仕事をする上で絶対に必要になる「書類」

社内で使用するものから、社外の方とやりとりをするもの、

あるいは官公庁などに提出するものなど、

日々業務をしていると、本当に様々な書類が、様々な方法でやりとりされていますね。


現場での作業が多い方など、デスクワークをする時間がなかなかとれない方は特に、

この膨大な書類たちとの付き合い方に、悩まされている方も多いかもしれません。



たったひとつの書類を取りに行くためだけに、

本当は直帰できるところを、事務所に戻らなければいけない…。


いざ事務所に着いても、「あれ、どこに置いたかな…?」と探しているうちに、

あっという間に時間が過ぎていく…。


「〇〇の書類を提出してください」と電話をもらったはいいけれど、

書類のデータは事務所のパソコンの中。

書類1つをFAXやメールで送るくらい、出先にいてもできるようになればいいのに…!



そんなときに、業務効率化の強い味方になるのが、「ペーパーレス化」&「クラウド化」。

様々な紙の書類をデジタルデータにして、

そのデータを「クラウドサービス」と呼ばれるサービスを利用して保存しておけば、

インターネットにつながる環境であればどこでも、そのデータを見ることができるようになります。

わざわざパソコンを持ち運ばずとも、お手持ちのスマホやタブレットなどで、データの閲覧や送受信などもできるようになるので、ちょっとした面倒な手間をぐっと減らせるかもしれません…!



データをクラウド化して、どこからでも閲覧・編集できるようにする


本来「クラウドサービス」とは、「ハードウェアを購入したり、ソフトウェアをインストールしなくても利用できるサービス」のことを指しますが、

今回取り上げる「クラウド化」は、「パソコン上のデータを、インターネット上で保管・閲覧・編集できるようにすること」を指します。


通常、WordやExcel、写真や動画など、パソコン上の様々なデータは、そのパソコンのハードディスク内に保管されていると思いますが、

データを「クラウド化」することで、それらのデータをインターネット上にも保管し、他のパソコンやスマホからでもデータを閲覧・編集することができるようになります。


クラウド化したデータを保管するサービスを「クラウドストレージ」と呼び、有名なサービスには「Googleドライブ」、「Microsoft Onedrive」、「Dropbox」などがあります。

いずれのサービスも、一定容量までは無料で利用でき、月1,000円程度の料金を払うと、よりたくさんの容量を保存することができます。


出先など、もともとのパソコンが利用できない状況でも、データを見ることができるほか、

万が一パソコンが壊れたときでも、クラウド上にデータを保管しておけば、データを失わずにすむ、などのメリットもあります。


メールをクラウド化して、「脱パソコン」する


メールチェックのためだけに、パソコンを開いた経験がある。

久しぶりにメールを開いたら、未読メールがたくさんあって冷や汗…。

そんなご経験のある方は、メールのクラウド化もひとつの方法かもしれません。


OCNやSo-netなどのインターネットプロバイダから提供されるメールアドレスは、「Outlook」やWindows既定の「メール」など、パソコンにインストールされているメーラー(メールソフト)に設定して使用するのが一般的です。

一方、Gmailなどに代表されるクラウド型のメールサービスは、Microsoft EdgeやInternet Explorer, Google ChromeといったWEBブラウザの中で使用するため、使用する端末が変わっても問題ありません。


前述したデータのクラウド化ができていれば、

クラウド上にあるデータを添付してメールを送信、といった動作が、お手持ちのスマホ上でも可能になります。


また、「今までのメールアドレスを急にやめられない…」という場合は、

メールの転送設定などを使用すれば、今までのメールアドレスを使用したまま、クラウド環境に移行することが可能です。


ここまでの2つは、無料でも導入できますので、お試し的に利用する場合でも、コスト的な心配はありません。



ペーパーレスFAXで、FAXの送受信をデジタル化する


ペーパーレス対応のFAXを購入すると、受信したFAXを紙に印刷せず、デジタルデータとして見られるようになったり、パソコンで作成した文書データを、印刷せずに直接送信することができるようになります。

データでまず閲覧して、必要なものは印刷、DMなど不要なものはそのまま削除、といったことができるので、用紙代の削減にもつながります。


また、そもそも固定電話番号を持っていない場合でも、電話番号の取得から実際のFAXの送受信まで、すべてネット上で完結できる「インターネットFAX」というサービスも存在します。

自分で電話番号を持つ必要も、FAX対応の電話機を置く必要もありませんし、

「FAXの送受信はしたいけれど、わざわざそのために固定電話を持つほどでもない…」という場合には、こういったサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。



クラウド会計を利用して、手書きの出納帳やレシートを電子化する


freee会計」や「Money Forward クラウド」等のクラウド会計サービスを利用すると、

今までイチから手書き・手計算していた現金出納帳や請求書などを、スマホやパソコンのWEBブラウザ上で簡単に入力・集計することができます。


計算もすべて自動でやってくれるので、計算ミスをすることもありませんし、

通帳を記帳して、現金出納帳に転記して、その出納帳をコピーして、会計事務所に郵送して…といった二度手間、三度手間を、1回の入力ですべて完結することができ便利です。

もちろん、作業する場所も問いません。


また、インターネットバンキングと連動すれば、

預金の入出金データを自動で取得して反映したり、振込もインターネット上で完結できるようになるので、わざわざATMに並ぶ必要もありませんし、

領収書なども、スマホやスキャナで撮影して送信すれば、自動で蓄積されていくので、会計事務所との書類のやりとり、郵送の負担も軽減されます。


弊事務所では、freee認定アドバイザーの資格を保持しておりますので、

必要な機器の導入から初期設定、経理業務全体の見直しなど、トータルでご支援することが可能です。関心をお持ちの方は、ぜひご相談ください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事業復活支援金についてHPでは条件付きで事前確認・申請期限について延長があるようですが、弊社では申し込み多数により予定通り、新規の申し込みを締め切らせていただきました。 既にお問合せいただいている分に関しましては、対応させていただきます。 ご迷惑おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

事業復活支援金について何度かブログでお知らせしておりましたが、 いよいよ、申請期限が迫ってまいりました。 弊社での事前確認申し込みの締め切りに関してですが、下記の通りです。 〇継続支援関係に当たる方    5月25日(水) 〇継続支援関係に当たらない方  5月24日(火) 以下、以前のブログの内容を再掲載いたします。 【給付対象】 以下(1)(2)を満たす中小法人・個人事業主が給付対象 (1)新型