検索
  • ハイフィールド税理士法人大崎事務所

事業復活支援金について

更新日:1月25日


 

 昨年末令和3年度補正予算が可決・成立しその中に盛り込まれた中小企業・小規模事業者支援策について今回は事業復活支援金についてご紹介します。


 事業復活支援金は新型コロナウイルス感染症で大きな影響を受ける中堅・中小・小規模事業者やフリーランスを含む個人事業主に対し、この3月までの見通しを立てられるよう、地域・業種を限定せず、事業規模に応じた給付金を支給しようという制度です。


対象者:新型コロナの影響で、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が

    50%以上または30%~50%減少した事業者

    (中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)


開始時期:補正予算成立後、所要の準備を経て申請受付開始


給付額:5ヵ月分(11月~3月)の売上高減少額を基準に算定


上限額:個人 30万~50万円

    法人 60万~100万円(年間売上高1億円以下)   

               ※下記の表参照


 詳細は決定次第、経済産業省や中小企業庁のホームページで発表されるかと思います。

またこのブログでも追加情報をお知らせしていきます。





閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

平素は格別のご高配を賜り、心よりお礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら、弊社の夏季休暇を下記の通りとさせていただきます。 2022年8月11日(木)~8月15日(月) 休暇期間中のお問合せは、本ホームページのお問合せフォームでお送りいただくか、またはLINEの公式アカウントでハイフィールド税理士法人を検索しメッセージをお送りください。 いただきましたお問合せにつきましては2022年8月16日(火

事業復活支援金の申請に関しては終了しておりますが、差額給付についてのお知らせです。 差額給付とは、元々は新型コロナの影響で、対象月に事業収入の減少が30%以上50%未満の区分で申請したものの、その後、予見できなかった新型コロナの影響で50%以上まで減少してしまった場合、支援金の差額分を受け取れる制度です。 【差額給付の申請期間】 2022年6月1日(水)~6月30日(木) 【対象要件】 ①2022